• 戻っていく。人の輪の中へ、街の営みの中へ。
    ふなとで働く私たちは、精神疾患と向き合って暮らしています。
    声をかけられても、うまく話せないかもしれません。少し混乱してしまうかもしれません。
    でも大丈夫です。私たちは何気ない日常に戻るための道の途中にいます。
    そして何より皆さんの喜んでくれる顔を見るのを心待ちにしています。
    そのために勇気を持って1歩を踏み出しました。
    ほっとしたいとき、少し疲れたとき。明日へ向かうその道の途中で、いつでもお立ち寄りください。